25時の日記 Part2

    クライマックスシリーズ雑感

    巨人について触れる。

    中日に敗れたのは、投手力の差。
    タイムリー欠乏症という見方もあるが、そう打てないよ。
    2、3点勝負になると、巨人は分が悪い。

    叩きたい選手は何人かいるが、短期決戦の不調だけで実力判定はできない。
    ここでは活躍した“あっぱれ”な選手をあげる。

    脇谷
    昨年もクライマックシリーズで暴れたように、大舞台に強い。
    坂本負傷欠場でトップに抜擢され、幾度となくチャンスを作った。さらに自ら返す勝負強さを発揮。
    セカンドの守備も安定してる。
    シーズン中は準レギュラー扱いだが、来季はレギュラーをほぼ勝ち取ったとみる。
      
    高橋由伸
    さすが、由伸。シーズンは不本意な成績に終わってしまったが、ここ一番の集中力は見事。
    阪神久保田から放ったホームラン。中日戦で見せた左方向のヒット。由伸がいなかったら、中日にワンサイドで負けていた。

    矢野
    中日第4戦。9回あわや同点ホームランの二塁打の他にも、随所にシュアなバッティング。
    首脳陣の信頼を勝ち得た矢野、来年は出番が増えるはず。その分今季ドラフト1位で優遇された長野の出番は減るかもしれない。
      
    その他、
    阪神戦でヒット量産した小笠原、中日戦で平然と二度の送りバントを決めた谷。
      

    1. 2010/10/25(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/902-d702c7c4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad