25時の日記 Part2

    木村拓也

    巨人の内野守備走塁コーチ木村拓也さんが死去。
    若手の台頭で出場機会が減ったため、昨年引退。
    現役に未練がありつつも、自分を拾ってくれた原監督に従いコーチ就任を引き受けたという。

    巨人に移籍してから、年齢的にはベテランなんだけど、プレーは若々しかった。
    特にセカンドの守備は一流。難しいバウンドを果敢に前に突っ込みアウトにする。
    バッティングも積極的で、目立つところでよくタイムリーを放ち、脇役のわりに存在感のある選手だった。
    反面、チャンスで初球が手を出しあっさり打ち取られることもよくあった。
    三振してバットを投げて悔しがる場面も印象に残っている。

    ユーティリティープレイヤーというと、便利屋みたいだが、ピッチャー以外すべてをこなすんだからたいしたもん。
    これほど記憶に残るバイプレイヤーはそういない。

    この動画はなかなか感動的。




    1. 2010/04/08(木) |
    2. スポーツ他
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/850-a6572502
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad