25時の日記 Part2

    バカおまわり

    自宅の前に、雨ざらしになった放置自転車が。
    鍵がついてないので、おそらく盗難車両。乗り捨てだろう。

    110に電話すると、おまわり二人来た(デブと若造)。
    車両の登録番号を調べると、盗難届けが出ていたことが判明。
    ここからが災難。

    通報した私は書類に署名をしなければならないという。
    「ご足労ですが、交番まで」
    「え? 明日でもいいから、家まで書類持ってきて」
    「今日中に片付けたいので、ご協力お願いします」

    面倒くせえな。書類ぐらい用意しておけ、バカ。
    こんなことなら、匿名で通報すりゃよかった。

    書類に、住所、名前、職業、ここまではいい。問題は印または拇印。
    印鑑など持ってきてないので、拇印を押さねばならない。

    拇印だけは、かたくなに拒否。犯罪者じゃないけどさ、
    データとして残るのは気味が悪い。断固拒否。
    すると、メタボなデブ警官の目の色は変わる。私を不審者扱い。
    どこの世界に110して警官を自宅によこす犯罪者がいるよ。

    警官はどうにか拇印を押させようとする。
    あわよくば、凶悪犯の検挙と思ったのかどうかは知らないが、
    警官、必死。
    「どうして押せないんですか。いいじゃないですか、軽く押せば」
    軽くも強くも、押せば一緒だろ。
    「お前バカか」(ホントに言った)
    帰ろうとすると、出口をふさぐメタボ警官。

    こちらも意地。死んでも押さない。
    埒が明かないので、110。
    「拇印を拒否したら、○○交番で警官二人に軟禁されました」
    とケータイで通報。

    所轄署から交番に連絡が入ると、警官の態度は一変。
    「それでは、印鑑で結構ですので、後日……」

    ようやく解放。つっても30分ぐらいか。
    疲れた。

    教訓。放置自転車は放置に限る。
    自分と無関係なことで警察に通報する場合は、絶対に匿名で。

    これからは、三文判を持ち歩くことにするか。
    1. 2008/09/15(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    コメント

    あなたの度胸に乾杯
    1. 2008/09/18(木) 01:14:48 |
    2. URL |
    3. #-
    4. [ 編集 ]

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/654-fd96e3c7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad