25時の日記 Part2

    不味いラーメン屋

    世田谷区のとあるラーメン屋へ行った。

    看板、店内装飾、白髪でいかにも頑固そうなオヤジの風貌など
    コダワリが感じられ、当然、味にも拘っているだろと期待した。
    午後2時と中途半端な時刻せいだろうか、
    客は自分一人。

    注文したのは、醤油ラーメン。
    スープを一口すすった……。
    なんだこれ、味がないぞ。
    再度すすった。
    うん? なにげにこのスープ甘いぞ、おい。
    豚の背脂が甘いというのとはワケが違う。
    スープはあっさりしていて、トンコツ系の濁りはないから。
    もう一口すすって、わかった。

    ミリンだ。
    バカ野郎。甘さを出すのにミリン入れるアホがおるか。
    それも、醤油とブレンドしてやがる。
    マズ。
    しかも麺は伸びていた。

    道理で空いてるわけだよ。
    営業妨害になるから店名は伏せておくけど、
    巷のラーメン本には絶対に載っていない。
    1. 2008/02/14(木) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/569-b15cd95b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad