25時の日記 Part2

    あの夏の記憶 松山商VS熊本工

    1996年夏の甲子園決勝 松山商業vs熊本工業
    10回裏3ー3熊本工業の攻撃。
    一死三塁のピンチに、松山商は満塁策をとる。
    急遽、ライトの守備を交代。
    この監督の選手起用がズバリ的中。
    奇跡の返球といわれた見事なバックホームを生むことに。 

    結果は6-3で松山商業の優勝で幕を閉じた。

    1. 2007/08/15(水) |
    2. スポーツ他
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/500-d079ee5d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad