25時の日記 Part2

    ホームラン(巨人・大久保)

     1994年日本シリーズ。西武VS巨人
     5-4と西武リードで迎えた9回表巨人の攻撃もすでに二死。
     代打で登場したのは大久保博元。
     ベンチからは「一発狙え」。それに応えるようにぶんぶん振り回す。
     カウントはツーエンドワン。キャッチャー伊東はインコース
     高めのボール球を要求、一球様子見。あわよくば空振り狙い。
     しかし、杉山の投じたまっすぐは逆球。大きく振り抜いた
     大久保のバットは出会い頭のようにガツンと! 
     同点ホームラン。

     古巣相手に意地の一発。それよりもなによりも、すべての巨人
     ファンが本塁打を願ってる場面で、期待に応えた大久保は大した男。
     当時、リアルタイムで見ていたが、いやあ感動したね。


    1. 2007/04/20(金) |
    2. スポーツ他
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/157-aa548d6a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad