25時の日記 Part2

    ゴッドファーザー

    1から3まで続けて鑑賞。名画は何度観ても面白い。
    ドンはやはりマーロン・ブロンドだわ。三男マイケル(アル・パチーノ)の冷徹さは目を引くが、先代ほどの貫禄がなく、包容力に欠け、ファミリーの絆に温かみが感じられない。とはいえ、二代目になってからの鋭い眼光とあくの強い演技は見る者を圧倒する。

    Part3は無理やり製作した完結編との印象を受ける。見て損はないが、マイケルの老後は痛々しいばかり。美しくも非情な姿のまま終えたほうがよかったように思う。
    1. 2017/01/04(水) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/1302-524a3c91
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad