25時の日記 Part2

    さ~せん

    一昨日、電車の中で正面に座ってる女子高生がバッグからペプシのペットボトルを出し、
    蓋をひねるや、ジュワ~と泡があふれた。
    「うそマジ。最悪~」
    って、そうじゃねえだろ。
    まずは、前に立ってる人に謝れよ。水色のジーンズが塗れて部分的に濃くなっている。この若い男、咎める気配はなく、終始平気な顔をしていた。
    女子高生はハンカチでペットボトルを拭き、バッグにしまった後、
    「さ~せん」
    男にうわべの謝罪。周囲から視線を浴び、さすがにばつが悪いようで、その後うつむきながらスマホをいじっていた。
    これに懲りて炭酸飲料を持ち歩くことはないだろう。

    後日談。というほどの話じゃないが、
    「さ~せん」
    この響きが妙に耳に残り、ふと思い出すたびに頭の中のエンドレステープが「さ~せん」を繰り返す。
    ヘンな女子高生に遭遇したばかりに……。あの日車内に居合わせた乗客の中で、私と同じ症状を訴える人がいるかもね。してみると、被害者はズボンを濡らされた若い男だけじゃない。


    1. 2012/08/01(水) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/1080-de577c3f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad