25時の日記 Part2

    ディープ・エンド

    昨日、真夜中に目が覚めて、TVをつけたら映画をやっていた。
    『ディープ・エンド』

    リモコンで画面表示をチェックすると、始まって10分ほど。これなら筋に影響はないだろうと、細面の中年女性が男の遺体を湖に沈めるシーンから見始めた。
    誰が殺したんだ? 女か? という疑問を抱きつつ、お決まりの強請が登場。
    「5万ドル用意しろ」

    ……。
    うとうと眠ってしまう。
    はっと目が覚めると、

    女性が金策に奔走し1万2千ドル(だったか)をチンピラに渡す。チンピラは
    「俺の取り分は必要ない。この金で何とか話をつけてやる。お前は家庭に戻れ」

    奥さんの告白によると、殺したのではなく、男が足を滑らせて死んだのだと。
    話に耳を傾けるチンピラはどうも奥さんに惚れた様子。
    ベタな展開だな……。

    またうとうと眠ってしまう。

    目にした場面は、倉庫みたいなところで男が格闘。奥さんが
    「もうやめて!」と叫ぶ。チンピラはゆすりの黒幕を殺してしまう。
    ラストは、あまりにバカバカしいので触れない。

    空白の数十分のおかげでどういう話か細部がわからないが、既視感のあるサスペンスで、笑顔ひとつ見せない虚弱気味な奥さんの暗い演技だけが印象に残る映画だった。DVD化されていないようなので、二度と観ることはないだろう。そう思うと数十分も見逃したのを少々後悔。

    1. 2012/07/09(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/1073-6519dcf5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad