25時の日記 Part2

    ヘンなヤツPart3

    中学のとき、同じクラスにS野という変わったヤツがいた。
    思い出すまま綴ってみる。

    S野は食べるのがメチャ遅い。牛みたいに反芻してるんじゃないかと思うほどよく噛む。
    誰かが「早く食えよ」とからかうと、「そんなこと言ったって」と噛み砕いたものを見せながらしゃべるのがキモイので、以降放置。

    変人気質を発揮したエピソ-ドがある。
    スキー学校(自由参加)に用途不明のマシンガンを背負ってきたのだ。本人は見せびらかすつもりだったみたいだが、周りから「バカじゃね」「意味わかんねえ」と笑いものにされただけ。

    これを言ったらまずいかもしれないが、イニシャルだから大丈夫か。S野は手癖の悪い男で、ギリの常習犯だった(昔盗むことを“ギル”といった)。クラスの女子(だと思った)の金を盗んだのが発覚し、担任に叱責を受けた。自業自得だが、校内で盗難が起きるたびにS野は疑われていた。興味深いのはS野の父はなんと弁護士。どういう教育してんだよ、と陰で揶揄されていた。

    毎年、全校生徒から選ばれた作文が文集に載ることになっていた。S野の掲載された作文はやたら大人びた、どうみても中学生の文章じゃなかったが、「こいつ頭いいんだな」と感心する向きが多かった。うたぐり深い私は、「どこから写したの?」と単刀直入に訊いたところ、S野は「違う違う。ホントに自分で書いた」と目を泳がせ否定していた。(文集を見つけたらUPする)

    S野はマイクロカセットを持ち歩き、生意気にもカシオペアやスパイロ・ジャイラを聴く中々の音楽痛。ある日、ヤツのいない隙に、テープに「バカ」「アホ」とREC。後日、「誰だよ、いたずらしたの」と笑いながら怒るS野を見て一同爆笑。
    1. 2012/06/19(火) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/1069-665de7ca
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad