25時の日記 Part2

    超攻撃的へっぽこ打線

    長い目で見ている余裕はないでしょ。
    ボウカー。ダメ外国人じゃん。オープン戦を見る限り、ファウルで粘るしぶとさ、持ち前の広角打法からアベレージを期待できるとファンは期待していた。
    蓋を開けると、31打数2安打。065。研究されてるとかいうレベルの話じゃないでしょ。そのうち打ち出すかもしれないが、オープン戦で十分慣らしは済んでるはずだから、この先あまり期待しないほうがいい。
    レフトは日本人でいいんじゃないの。特に2番は小細工が出来る松本の復帰を望む。左投手の場合は谷でもいいし。
    セカンドは俊足の藤村を使いたいけど、守りを考えると寺内。

    飛ばないボールになってから、一発で試合をひっくり返すような展開にならない。阿部、村田、高橋、小笠原と並ぶ強力打線だが、さほど凄みは感じられない。
    やはり1、2番の出塁がカギ。2番ボウカーの低打率で長野の勝負強さが活きない。
    1. 2012/04/09(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/1048-238dd172
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad