25時の日記 Part2

    映画雑感2012・2月

    「恋愛小説家」「家族ゲーム」を観る。

    前者は1997年度の作品。はっきりいってつまらない。主人公が売れっ子の小説家なのに、執筆風景がごくわずか。近所のカフェのウエートレスに恋して、最後は結ばれるというお決まりのストーリー。ジャック・ニコルソンのいかつい顔だけが印象に残っている。

    後者は何度も観てる作品。森田監督の音から生活臭を伝える巧みな演出が光る。卵の黄身をチュウチュウ吸うシーン、お新香を噛む音、ししゃもをかじる音……。
    家庭教師役・故松田優作氏の朴訥とした台詞回し、飲み物を必ず一気飲みするシーンは面白い。アクション俳優のイメージから一変、同役で新境地を開いた。
    1. 2012/03/01(木) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/1037-237edcd8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad