25時の日記 Part2

    洗濯機お湯取り

    洗濯機のお湯取り機能。
    額面通り、湯気の立つお湯を吸い取ると、基盤が湿気で腐食しセンサーの故障につながる。
    (実はウチの洗濯機、それが原因で故障)

    「お湯取り」のお湯は、風呂の残り湯のことで、ぬるま湯程度の冷めたものじゃないといけない、
    とサービスセンターの修理担当から聞いた。
    家電屋の5年保証(購入時に付いている)で事なきを得たが、
    修理代を聞いたら「18,000ぐらいじゃないですか」

    説明書の注意事項には、
    「50℃以上のお湯は使わないように」ってそんな熱い風呂に入る奴いるか。
    「湯気の立つお湯は使用しないこと」「40℃前後の湯は冷ましてから使用すること」とちゃんと明記しろよ。
    修理で儲けようとしているのか、または買い替え需要を促しているのか、と勘ぐりたくなる。
    1. 2012/02/09(木) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/1033-585abbc5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad