25時の日記 Part2

    2011JRA年度代表馬

    オルフェーヴルがJRA年度代表馬に選出された。
    (記者投票有資格者285人中284票獲得)
    当然の結果。まともな競馬観をもった記者なら、考える余地なくオルフェーヴルに投じる。
    ところが、たまにバカがいる。ビクトワールピサに一票入れたのは日刊スポーツ記者で、コラムの中でごちゃごちゃ言い訳していたが、まったく説得力なし。各国の最強馬が集うドバイの国際GⅠを勝った価値は認めても、それだけじゃ年度を代表しない。特別賞ならわかるが。
    三冠プラス有馬制覇さらにはスプリングSや神戸新聞杯のGⅡを勝っている馬と、ドバイワールドカップと中山記念(GⅡ)の年間二勝馬。比較するまでもない。
    1. 2012/01/13(金) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://katsuragi3.blog76.fc2.com/tb.php/1026-311edb1c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad