25時の日記 Part2

    Muddy Waters - Honey Bee

    夏はブルースだ。どういうわけか気温が高くなると聴きたくなる。
    シカゴ・ブルースの重鎮マディの暑苦しい歌声はこの季節にぴったり。

    1. 2016/06/20(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Exactly Like You

    ここのところ自宅のオーディオで音楽鑑賞する時間がめっきり減った。手軽に聴けるYoutubeはホント便利。金はかかる、場所を取るオーディオが廃れるのは当然だな。
    この歌はアルバム『リフレクションズ』の一曲。枯れても枯れたなりに味のあるBB。アンプ直結のルシール、いい音出してる。数分でいいから生き返ってくれないかな。

    1. 2016/06/13(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    私は海を抱きしめていたい

    久しぶりに坂口安吾の「私は海を抱きしめていたい」を読んだ。

    肉欲に溺れる男と不感症の女。2人が本当に交わることはない。虚無の世界。
    自らの肉欲の限界を感じるくだりが秀逸。

    以下、引用

    「それは私の一瞬の幻覚だった。空はもうはれていた。女はまだ波のひくまをくぐって、駈かけ廻まわっている。私は然しその一瞬の幻覚のあまりの美しさに、さめやらぬ思いであった。私は女の姿の消えて無くなることを欲しているのではない。私は私の肉慾に溺おぼれ、女の肉体を愛していたから、女の消えてなくなることを希ったためしはなかった。
     私は谷底のような大きな暗緑色のくぼみを深めてわき起り、一瞬にしぶきの奥に女を隠した水のたわむれの大きさに目を打たれた。女の無感動な、ただ柔軟な肉体よりも、もっと無慈悲な、もっと無感動な、もっと柔軟な肉体を見た。海という肉体だった。ひろびろと、なんと壮大なたわむれだろうと私は思った。
     私の肉慾も、あの海の暗いうねりにまかれたい。あの波にうたれて、くぐりたいと思った。私は海をだきしめて、私の肉慾がみたされてくればよいと思った。私は肉慾の小ささが悲しかった。」
    1. 2016/06/08(水) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    夢で逢えたら

    いろんな人がカバーしてるけど、ひとつ選ぶなら桑名晴子さん。
    松下誠氏の秀逸なアレンジ。豪華なバック(AB’S)



    1. 2016/06/01(水) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad