25時の日記 Part2

    クラシック展望

    まだ早いが、皐月賞、ダービーの有力馬は?

    皐月 リオンディーズ
    ダービー サトノダイヤモンド


    ちなみに昨年の今頃はこう考えていた。
    皐月 サトノクラウン
    ダービー リアルスティール

    ドゥラメンテについては、本格化は4歳以降。(圧倒的強さで皐月、ダービーを連勝)
    キタサンブラックは、母系がサクラバクシンオーじゃせいぜい2000まで。(3000の菊花賞勝ちました)

    こういうとんちんかんな相馬眼ゆえ、現時点の予想は疑わしい。
    1. 2016/03/29(火) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第46回高松宮記念

    超高速馬場。ディープ産駒の出番だろう。
    事前の予想
    ◎ミッキーアイル
    ○アルビアーノ

    馬単、馬連、ワイドで行こうと思っていたが、
    さすがに一本じゃ当たらんだろう、と自信が揺らいでいたら、
    魔が差した。
    ウリウリを追加。JRAの高松宮記念のCMで、
    「無理無理」
    これ、ウリウリのサインか?
    馬連三点買って、外れ。

    勝ったビッグアーサーは前2走のだらしなさから軽視したのがそもそもの間違い。
    1. 2016/03/28(月) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第30回フラワーカップ

    フラワーカップを振り返る。
    押さえで当てた人は多いと思う。

    逃げるのはエンジェルフェイス。中山1800巧者を姉(レディアルバローザ、キャトルフィーユ)に持つ同馬から入るのが妥当。狙ったレースはものにする藤原厩舎だし、持ち時計も優秀。
    問題は相手。荒れる牝馬限定レースで1,2番人気で決まるか? 二番人気ゲッカコウは本線じゃ買えないわ。

    1着エンジェルフェイス
    2着ゲッカコウ(月下香。お彼岸の時期だけに彼岸花が来た) 

    3着ウインクルサルーテ

    いま考えると、惜しいことをした。まさか来るかよと軽視したウインクルサルーテ。前日夜オッズを見ると妙な売れ方をしていた。単勝14番人気なのに複勝が一倍台。おそらく異常投票。オッズを動かすミラクルおじさん級の馬券師の仕業かも。すごい名人がいるもんだ。
    1. 2016/03/24(木) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第34回中山牝馬S

    GⅠを走ってきたルージュバックでいけると思う。ただ外枠だけに足を余したり接触で外に振られるケースも考えられる。オッズほど堅い本命じゃない。
    手を出すレースじゃないと思いつつ手を出す。病気だな。

    相手は絞る。
    中山得意のクインズミラーグロ(出遅れるなよ)、前走牡馬と際どいレースをしたハピネスダンサー。3連単の3着付けにヴィルジニア。
    ◎ルージュバック
    ○クインズミラーグロ
    ▲ハピネスダンサー
    △ヴィルジニア

    牝馬のハンデ重賞で堅く収まるとは思えないから、二番人気のアースライズは切り。
    シュンドルボンは大外枠で狙いを下げた。手を広げたくないからオミット。

    レースビデオのチェックを入れると検討時間30分程度。はっきりいって当たる気がしない。
    1. 2016/03/12(土) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    弥生賞

    明日の弥生賞はオッズ見て買う気が失せた。

    展開有利は好位につけられるエアスピネル(三番人気)。逆に後続にマークされるので、頭は厳しいが2,3着は十分ある。
    リオンディーズ(一番人気)とマカヒキ(二番人気)は甲乙つけがたい。
    賞金的にのんびり構えていられないから、おそらくルメールのほうが先に仕掛けると思う。
    ◎マカヒキ○リオンディーズ
    この二頭の馬連は安すぎて買えないので3連単の3着に穴を据える。
    無理だと思うが岩田のイン強襲でアドマイヤエイカン。

    1.2番人気の馬券はなるべくなら避けるべき。リターンが少ないし、昔と違ってがちがちの重賞レースはめったにない。
    とはいえ、今回は有力どころ三頭のチカラが抜けてるだけに、まず荒れないと思う。正直手を出すレースじゃない。
    1. 2016/03/05(土) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    2016牡馬クラシック戦線

    中山記念を振り返る。
    第90回だから9-10。終わり。

    ルメールはさすが。フェブラリーSもそうだったが、とても届きそうもない位置からよく2着にもってくる。腕としか言いようにない。

    さて、今週の弥生賞。
    リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキ。有力馬3頭の馬券じゃいくらにもならないからといって強引にひねるのは無理筋かな。馬場悪化でもしない限り荒れる可能性は薄い。
    何も前哨戦で負けたからといってクラシックが絶望じゃない。情勢はころころかわる。昨年ドゥラメンテも皐月賞は三番人気だった。
    ビデオ見ると、マカヒキの斬れはディープ譲りの一級品だね。ただ、ルメールはお手馬がかち合ってる。サトノダイヤモンド。マカヒキの結果がどうあれ、本番はサトノ騎乗と思われる。
    今年のクラシックは昨年以上のハイレベル。
    1. 2016/03/02(水) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad