25時の日記 Part2

    へぼ采配

    プレミア12の準決勝敗退には腹が立ってしょうがない。
    勝ちゲームをヴァカ監督の疑問だらけの采配で落とした。

    85球の大谷を7回で下げたのは、無理して故障されたら日ハムに迷惑かけると思ったのかもしれないが、シーズン最後の投球で85球も100球もかわらないって。せめてもう1イニング投げさせてもよかった。
    100歩譲って交代をよしとしよう。則本の8回の投球を見れば9回も任せたくなるのは理解できるが、ブルペンで待機しているのが松井と増井の二枚。それで万全を期してると油断するベンチの無能ぶり。アンダースローの牧田とベイスターズの抑え山崎をなぜスタンバイさせない? 松井は本調子を欠き、おまけになぜか決め球のスライダーを封印してる意味不明状態でジャパンのストッパーは務まらないだろう。増井は前の登板で失点を許し全幅の信頼を置けない。

    9回、まっすぐにタイミングの合ってない韓国打線にチェンジアップを三連打される嶋。さすがパリーグ最下位の正捕手だわ。最悪リードに注意しないベンチはやはり無能。疑惑のデッドボール判定に抗議しないのにもあきれる。目の前で受けてるんだから肘に当たってないのは見えるだろうに。眼科行け。
    その後、満塁でノーコン松井を投入する監督は何考えてるの?

    「采配ミス」と小久保は言う。
    その通り。おたくのへぼ采配で日本中を失望させたんだよ。
    3対0で勝っていても、エラーがらみで得点しただけで、実質は1-0の僅差のゲーム。大谷を下げたのは相手を見くびっていたからとも考えられる。

    負け方が悪すぎる。小久保は責任とって辞任してくれ。
    1. 2015/11/24(火) |
    2. スポーツ他
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    笠碁

    一番好きな噺家、十代目金原亭馬生。
    ずっとカセットテープで聞いていた演目を動画で観ると面白さ三倍増。
    味わい深い語り口に引き込まれる。

    1. 2015/11/15(日) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    車買取

    車を売る際に注意したいのは瑕疵担保責任。

    査定のときに気づかなった欠陥が後に発覚すると、売主は責任を負う義務がある。
    悪質な買取業者はいい加減に査定して、瑕疵担保責任については触れず、
    現状のまま売却。その後故障でクレームが入ると、元の売主に責任を取れと難癖をつける。
    この手のトラブルは多い。

    先日知人が外国の小型車を売却。
    ディーラーの査定額は20万。大手買取業者は25万。
    後者に売った後、ネットで調べたら70万で売りに出されていた。
    こうやって儲けるんだな、と笑いながら中古車情報を検索しているとき
    瑕疵担保責任のトラブルが横行していることを知る。
    すぐに業者の担当者に「査定のとき、何もいわなかったな」
    「だって○○さん、どこも問題ないといったじゃないですか」
    「10年経過した車だ。どこかしら不具合が出るのは十分ありえる。瑕疵担保のことを聞かされたら買い取り業者になんか売却しなかった。契約時に重要事項を説明しなかったのはどういうことだ。はなから責任逃れするつもりだったんだろ。そんなあこぎな商売してるのか」

    結局「○○さんに一切の責任はありません」と一筆取らせたという。
    無用なトラブルを避けるため、車はディーラーに売ったほうが賢明。
    1. 2015/11/06(金) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad