25時の日記 Part2

    アナログブーム

    最近アナログがブームらしい。
    ファッション感覚で中古レコードを入手し、一万円程度のチープなプレイヤーで鳴らす。
    誰がなにをしようとかまわないが、金もかけずにまともな音が出れば世話がない。
    CD並の音質を出そうと思ったら、いくらかかるか。
    軽く100万は必要だろう。
    概してCDに比べてアナログは音圧が低いから、対抗するにはウーハー30センチ超の高能率スピーカーを設置する必要がある。昨今主流になりつつある小型SPはだいたい85dBだから、アンプのパワーを要求される。アンプ20万、30万~、フォノイコ、カートリッジと金がかかる一方。 それにアナログは場所をとるし、おしゃれだと思って手を出すと後悔する。

    アナログ的というのは、デジタルに比べて耳障りはいいが、角の取れた、ぼやけた、レンジの低い音という意味。
    そこまでけなしてなぜアナログを聴くのか。理由は、盤を処分できないから。金もないのに一枚2500円2800円出して買った盤を自分は手放せない。いまだにCD化されてない貴重なものもある。たとえば、クリエイション『朝日の国』。

    Technics1200MK3D、シュアのカートリッジなどマニアからみたらチープ極まりない装置で、それなりの音を聴いて愉しんでいる。妥協しないと、上を見たら破産する。

    時代はハイレゾ? 音源データをダウンロード?
    知らん。そういうブームには乗らない。いまのところ音はCD、アナログで十分足りている。
    1. 2015/03/20(金) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    爆笑動画

    なんだこれ。
    袋叩き(笑

    1. 2015/03/15(日) |
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    英語禁止ボウリング

    この動画が観たかった。
    スネイクのコスプレをするのは川上奈々美さん

    3:57~
    1. 2015/03/12(木) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ボビー・ウーマック

    昨年ラストソウルマンことボビー・ウーマックが他界し、この世にソウル・シンガーは存在しない。というと語弊はあるが、ウーマック以降のソウルは聴かないし、いまの音楽シーンに疎いので、自分にとって彼が最後のソウルシンガー。
    傑作アルバムが多く、60~80年代のどれを聴いてもはずれはない。
    厳選するなら、このあたりは押さえておくべき。
    Fry To Me To The Moon
    My Prescription
    Lookin' for a Love Again
    Poet1

    代表曲ではないが、黒っぽさを感じ取れる一曲がこれ。
    『I Left My Heart In San Francisco』
    俺の魂(心)はシスコにおいてきたぜ。
    ワールドカップの代表メンバーからはずされたカズが同じようなことをいってた。
    「日本代表としての誇り、魂みたいなものは向こうに置いてきた」
    ソウルを感じさせる一言だ。




    1. 2015/03/09(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    改悪

    最寄の駅前に繁盛するとんかつ屋がある。先日、隣のテーブルの家族連れがブーブー文句垂れているので気になって見たら、唖然。お子様膳の中身がみすぼらしく改悪していた。これ目当てに来店する家族連れが多く、どういうものか何度も見て知っている。以前はエビフライ、メンチカツ、ヒレカツなどが皿にたっぷり盛られ、ご飯はお代わり自由。食後はアイスクリームのデザートがついていたのに、皿はひと回り小さくなり、カツは小さなひれとロースと小エビのフライ。端に小盛りのご飯とコストを下げたのが丸分かりのプリン(銘柄不明)。お子様ランチは利益度外視のサービスメニュー。店長の裁量なのか、客入りがいいから頭に乗っているのか。ケチるのはいただけない。
    「今度から大人と同じメニューにしないとだめね」と奥さん。
    「いや、二度と来ない」とだんなは呆れ顔。
    たかが一組の家族ではすまない。同様にサービス低下に見切りをつける常連家族がきっといる。じわじわ客足は落ち、後で改悪が原因であることに気づいても、客は戻ってこない。 
    1. 2015/03/02(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad