25時の日記 Part2

    フォスターDX

    今までいろんな目薬を使ってきたが、ひとつとして効果のあるものはなかった。ならよせばいいのに、ドラッグストアの陳列を前にすると、つい手が伸びて試してみたくなる。
    症状は目のかすみで、TVのテロップがややぼやけて見える。PCの液晶を見ることによって涙が乾くドライアイが原因かもしれない。

    今回購入したのは「フォスターDX」
    さした直後、疲れ目によるしょぼしょぼが一気に改善。テロップのぼやけはさほど変わらないが、明らかに目の働きはよくなっている。数回使用し同様の効果を確認しているので気のせいじゃないと思うが、しばらく点眼してみる。


    1. 2013/12/22(日) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    朝日の国

    いつになったらクリエイション『朝日の国』をCD化してくれるのよ、東芝さん。
    その昔、洋楽ファンに「クリエイションだよ」と聴かせると(カセットテープ)、びっくりした顔で「へ~。イギリスのバンドかと思った。ギターうますぎ」と絶賛してた。「でしょ」と悦に入る自分。素人二人が絶賛したからなんだといわれれば返す言葉はないが、これだけは断言したい。その翌年に出したポップ寄りの『ロンリーハート』よりはるかにロックの王道を行くサウンドだ。王道って、ストーンズとかツッペリンとかそういう大御所バンドの流れを汲むという意味じゃなく、世界で通用するバンドという意味。でたらめな発音のロックは耳を塞ぎたくなるし、聴いてるほうが恥ずかしくなるが、『朝日の国』は堂々と外国人に聴かせられる数少ないアルバムの一つ。
    全曲いいが、なかでもこの三曲。
    『NOT BIG ENOUGH』
    『AIN'T LIFE HARD』
    『FRIDAY EVENING BLUE』
    日本のロックのレベルの高さを知らしめるためにも、ぜひともリシューを。
    1. 2013/12/16(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Freeway 5 to south

    藤丸さんがファーストソロアルバム『YOSHINO FUJIMAL』(1982)を発表した頃の超貴重映像。バックも豪華だ。松下誠(ギター)渡辺直樹(ベース)岡本敦男(ドラム)安藤芳彦(キーボード)は後のAB'Sメンバー。カッティングの切れ味は相変わらず。


    1. 2013/12/13(金) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    もったいない

    この歌が耳について離れない。
    突発的に、「♪ もったいないから」のフレーズが頭に浮かんでくる。振り払っもしばらくすると無意識に口ずさんでいる。数えたわけじゃないが、日に10回程度は当症状に冒されている。

    1. 2013/12/01(日) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad