25時の日記 Part2

    魅惑のムード歌謡

    故青江三奈さんの代表曲。
    『伊勢佐木町ブルース』

    どういうわけか三奈さんが聴きたくなり、耳にしたらすっかり病みつきになってしまった。毎日アンプの音量を上げて聴いている。ネットの圧縮音源ではなく、オーディオで堪能すると「あんあん」「ドゥドゥビドゥビ~」妖艶さはぐっと増す。近所迷惑というより、変人に思われているかも。
    是非CDで。

    1. 2012/11/27(火) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    WBC日本代表

    キューバ戦を観たが、はっきり言ってこの程度のメンバーじゃ死に物狂いで向かってくる韓国に勝てないね。聞くところによると日本に勝つと活躍に応じてインセンティブ(350~700万)が支払われるという。

    本番前の親善試合だからとやかく言っても仕方ないが、投手陣の顔ぶれはほとんど代わると思う。
    ざっと挙げると、内海、能見、成瀬、前田健太、牧田、摂津、田中、館山あたりか。
    杉内、吉見、吉川は怪我の完治が条件。

    心配なのは打つほう。イチローは来季の去就次第。今のところ出られるか微妙。
    ソフトバンクの内川と日ハム稲葉は必要な戦力。
    痛いのは中島と中村。
    メジャー移籍を希望する西武の中島は無理っぽいし、主砲中村は左膝の手術で出場は難しい。
    となると、現時点で考えられる日本代表ベストメンバーはこんな感じか。

    捕手 阿部
    一塁 稲葉
    二塁 本多
    三塁 松田
    遊撃 坂本
    左翼 角中
    中堅 大島
    右翼 糸井
    DH 内川、長野

    左が多いのが気になるが、
    そんなことより、イチロー、中島の二人がいないとやけに頼りなく感じる。
    1. 2012/11/19(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    意味深なタイトル

    テレビ番組表を見て笑うことなどめったにないが、
    これには思わず笑った。

    『妻は多重人格者』
    http://www.bsfuji.tv/top/pub/multipheno.html

    何故にこの時期に再放送するんだろう。偶然?
    1. 2012/11/14(水) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    頭部のこぶ

    以前から頭頂部に豆粒大のコブがあり、気のせいか大きくなってる?
    もしかして粉瘤(ふんりゅう)か?

    粉瘤とは良性の腫瘍。二十年ぐらい前、襟足にできてメスを入れたことがある。その際周辺の毛を剃られ糸で縫う手術を受けた。
    ネットで調べると、頭部の粉瘤でカッパになってる画像(参照)をみた。ヤベ。加齢で禿げるのは諦められるが、小さなこぶのせいでザビエルハゲになるのは勘弁してほしい。

    皮膚科で診察を受けた。
    瘤は生まれつきのもので年を重ねてその大きさになったか、
    あるいは老人性角化症といわれるもの。よく顔に黒いイボのある老人がいるでしょ。あれ。
    液体窒素で除去できるとのこと。
    皮膚科医によると、
    「いずれにしても、そのままで大丈夫です」
    刺激で大きくなることもあるらしく、気になって触るのはよくないという。
    放置。
    粉瘤じゃなくてよかった。
    1. 2012/11/06(火) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ひどい誤審

    ボールもバットも当たってないのにナニ痛がってるの。こういう芝居は悪質。達川さんみたいに「当たった当たった」とパフォーマンスでアピールするのは笑いで済むが、日本シリーズでやるなよ。

    騙される審判もどうかと思う。こういうのもビデオ判定にしないと、仮に一点差の大事な局面で誤審されたら負けたほうはやりきれない。まあ、昨日の試合はエース吉川が打たれ、日ハムに敗色気配が漂っていたから尾を引くことはないだろう。

    今シリーズ、判定がおかしい。明らかにボールをストライクと判定されるケースが随所に見られる。それ言い出すと野球が成立しなくなるから皆黙っているが、審判は技術向上に努めるべき。


    1. 2012/11/02(金) |
    2. スポーツ他
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    追悼

    『月のあかり』は何度聴いてもジーンとくる。
    いい歌詞だな。とくに二番の1~2行を耳にすると、昔飼ってた猫を思い出す。
    よく引っ掻かれたり噛みつかれたりしたけど、本気で叱ったことは一度もなかったのは飼い主の猫愛か。
    この歌とは無関係な話だが。

    ご冥福をお祈りいたします。

    1. 2012/11/01(木) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad