25時の日記 Part2

    ファイナルステージ最終戦

    ファイナルステージ、かろうじて巨人は勝ったが実際は三勝三敗の五分。仮に吉見が戦線離脱していなければ中日が日本シリーズに進出していたと思う。そんなこと言い出したら巨人だって杉内が万全の状態で出ていれば……となるが、ペナントで10ゲーム離されたほど力の差はない。

    中日の敗因は投手起用。最終戦、何故大野を中四日で先発させなかったのか。伊藤が調子良かったからみたいだが、駒がいるのに経験の浅い若手を中三日で投げさせたのは疑問を感じる。当日リリーフ登板した大野がびゅんびゅん球威のあるボールを投げていたのを見た首脳陣はほぞを噛む思いだったに違いない。

    巨人の不安材料は抑え。西村のだらしないこと。一点差じゃ危なくて見てられない。故障上がりのマシソンは調子はまだ8~9分程度だが西村より安定感はある。後ろの配置を換えたほうがいい。
    1. 2012/10/24(水) |
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    バックネット裏

    ファイナルステージ巨人VS中日第三戦。

    ゲームに集中できなかった。というのもバックネット裏最前列に意外な人がいたから。
    その人は自民党の森喜朗。ピッチャーが一球投げるたびにホームベースみたいなでかい顔が目に入る。長老ポップコーンを食べてたけど、塩分は大丈夫? 4回表腕組んでうとうとしているときに村田ホームラン。野球の醍醐味をすっかり見逃した長老は終盤の攻防を見る前に退席。

    1. 2012/10/19(金) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    椿油

    頭が乾燥して猛烈な痒みに襲われた。
    シャンプー剤によって頭皮の油分が奪われているのが原因ではないかと湯シャンだけにしたら、頭皮に脂が残り生え際に赤いできものが。部分的な湿疹はリンデロンVローションですぐに緩和(※そんなに強い薬ではないがステロイドなので継続して使わないこと)。
    だが、湿疹が治っても頭皮は依然乾燥し異常に痒い。いろいろネットで調べたら天然椿油で保湿するのがいいというので、試しに購入。黒ばら本舗の「純椿油」をシャンプー前に頭皮の痒いところに塗り、軽くマッサージ。20分程度放置した後お湯で流し、その後シャンプー。
    これを三日続けたら、痒みは90%改善。しばらく椿油のお世話になる。
    1. 2012/10/13(土) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    シカト

    無視するという意味の俗語「シカト」。

    その語源は花札の10月の10点札に描かれた鹿が横を向いてあたかも無視してるようだから。
    で、しかとう(鹿十)という隠語が転じて、シカトになったと。最近知った。
    1. 2012/10/08(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ナミダ~

    ジューシィ・フルーツの代表曲はデビュー曲でもある「ジェニーはご機嫌ななめ」だが、
    一番好きな歌は「なみだ涙のカフェテラス」

    イリアさんを見て思い出すのが、現国の実習生。高一のときだったか、
    見た瞬間、「似てるなあ」
    授業中に指摘しようと思ったが、いきなり嫌な生徒になりたくないので、休み時間に先生をつかまえて
    「先生、イリアに似てるっていわれるでしょ?」
    「いえ」
     うそつけ。そのショートカット、明らかに意識してるじゃん。

    どういう授業かはあまり覚えていないが、「土」をテーマに作文を書かされた記憶がある。苦し紛れに「甲子園の土」というタイトルで、江川はカメラの前では格好つけて土を持っていかなかったが実は練習中こっそり取っていた。甲子園の土には球児の涙が染み付いている、というお粗末な内容の作文だ。

    涙といえば、このキャッチーなフレーズ。
    「♪なみだ なみだ~」


    1. 2012/10/02(火) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ギター・バトル

    たいしたバトルじゃないが、バディ・ガイとクラプトンがあまりに若いもんで見入ってしまう。通して観たい。


    1. 2012/10/01(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad