25時の日記 Part2

    NEWS23クロス

    平日夜、TBSの『NEW23クロス』を観るのが日課。観るというか、その時間TVをつけている。
    スポーツコーナーになると、画面に目を向けた。
    青木裕子さんが出てるから。いろんな浮名を流している(今はやべっちと交際中?)が、この人、掛け値なしに美人。アナウンサーとしての才能はいまいちだが、ビジュアル的には抜群。
    残念なことに、先週で同番組を卒業してしまった。
    どうでもいいが、以前「年に300回セックスする」とか発言してたな。やべっち、大丈夫か。

    NEW23画像
    1. 2012/03/26(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    御幸

    幼少の頃、このCMを観るたびに、大人になったらミユキの服地で背広を作ろうと思ったものだ。
    いまだ願いはかなわず。というか、かなえる気はあまりない。メーカーには悪いが、イメージがオヤジっぽい。


    1. 2012/03/19(月) |
    2. CM
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    吉高由里子

    この人、酔っ払ってるみたいでおもろい。
    リアルか芝居かよくわからないところが、さすが女優と思わせる。 

    男を翻弄するタイプの女性。



    1. 2012/03/15(木) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    会いにいくよ

    Jポップはあまり聴かないが、この歌は一発で魅了された。
    Aメロ、Bメロのすばらしいこと。

    気のせいか、AKBの「Everyday、カチューシャ」に似てる?

    1. 2012/03/13(火) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    新・座頭市Ⅲ

    月曜から『新・座頭市Ⅲ』が放送されます。
    飽きずに観てきたが、全26話でシリーズ終了。

    http://www.bsfuji.tv/top/pub/zatoichi.html
    1. 2012/03/10(土) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ウィリー・ハイタワー

    この歌を初めて聴いたときの衝撃は忘れない。
    ディープな節回しにしばし圧倒された。

    Willie Hightowerの名前を知らないソウルファンはまずいない。それなのに、調べてもこの人に関する情報は非常に少ない。
    『Golden Classics』は所有しているが、他にアルバムがあるような気がして、ちょいちょい中古レコード屋をのぞいているが全く見かけない。一部のマニアが幻の曲をこっそり所有しているのかも。あったら、聞かせてほしい。


    1. 2012/03/07(水) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ヘンな人

    どこの地域にも、近所で噂になる名物な人がいる。ヘンな人と言い換えてもいい。

    うちの近所にいるヘンな人をいくつか紹介。
    ショッピングカートに自転車のベルをつけてチリンチリン鳴らしながら歩く老婆。薄毛隠しに頭に墨を塗ってるおっさん(最近見ない)。踏切前で通過する電車に向かって「オウオウ」叫ぶ青年。リーゼント(とさか)おばさん。

    昔いたヘンな人。野球しないのに金属バットを持ち歩く人(アブねえな)。高校時代、タバコ吸わないくせに筆箱にジッポーのライターを複数入れてたトカゲ顔のA君(ちなみにこいつは46分テープの片面まるまる同じ曲を録音するバカ)。

    今は思い出せないが他にも変人がいっぱいいた。そのうちまとめて列挙する。
    1. 2012/03/05(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    映画雑感2012・2月

    「恋愛小説家」「家族ゲーム」を観る。

    前者は1997年度の作品。はっきりいってつまらない。主人公が売れっ子の小説家なのに、執筆風景がごくわずか。近所のカフェのウエートレスに恋して、最後は結ばれるというお決まりのストーリー。ジャック・ニコルソンのいかつい顔だけが印象に残っている。

    後者は何度も観てる作品。森田監督の音から生活臭を伝える巧みな演出が光る。卵の黄身をチュウチュウ吸うシーン、お新香を噛む音、ししゃもをかじる音……。
    家庭教師役・故松田優作氏の朴訥とした台詞回し、飲み物を必ず一気飲みするシーンは面白い。アクション俳優のイメージから一変、同役で新境地を開いた。
    1. 2012/03/01(木) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad