25時の日記 Part2

    Hite Luck

    最近運動不足なので、できるだけ歩くようにしている。
    有酸素運動は脂肪燃焼に効果的で、ジョギングと違って身体を痛める心配も少ない。

    歩くといっても、図書館へ行くときや買い物に行くとき、せいぜい5~7キロ程度。
    それでも、ウォーキングには違いない。

    ウォ-キングをやるにあたって大事なのは、シューズ。
    手持ちのナイキエアフォースワンミッドはクッション性十分だが、足首をホールドするため歩くには適さない。
    マラソンシューズが一番よさそうだが、所有していないし、買ってもハイテク系のデザインが私服にはまったく合わない。

    そこで、ウォーキングシューズなるものを一足購入するため、とある靴屋へ。
    値段は手頃でも正直どれもこれもデザインはダサく、ここは機能性を重視。
    選んだのは、アシックスのHite Luck
    約一万。

    どうもネーミングからしてオヤジ臭い駄洒落。
    あまり期待はせず、試しに5キロ程度歩いてみた。

    「何この歩きやすさ」
    衝撃がほとんどなく、足が疲れない。
    どこまでも歩いていけそう。マジで履いて楽(シャレ)。

    二、三注文をつけると、ソールの耐久性はイマイチ。
    数回履いただけでカカトとつま先がわずかだが減ってきてる。もっと丈夫なものに改良を願いたい。
    それと、4Eは幅が広すぎ。厚めのソックスや中敷で調整できるが、数パターンの足型で商品展開できないものか。

    たぶん履きつぶしたら、リピートすると思う。
    1. 2009/12/22(火) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    風邪

    また風邪を引いた。
    先月は咽頭痛、鼻かぜで熱は出なかったが、
    今回は悪寒で熱が38度に。

    まさかインフルエンザじゃ?
    一晩うなされ、イブ(二錠)を三回服用したらだいぶ回復。
    ただの風邪で済んだようだ。病院にいくほどではなく安堵。
    1. 2009/12/19(土) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ス-パ-ジョッキー

    日曜の真っ昼間からよく放送できたな(笑)


    1. 2009/12/17(木) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    今年の漢字

    民主党新政権、米新大統領、新型インフルエンザ、水泳世界新、イチロー安打新記録など世相を反映する“新”が応募数トップで選ばれたが、むしろ世間を騒がせた2位の“薬”のほうが最適だと思う。
    ノリピー、小向美奈子、押尾、インフルエンザワクチン、大学生の大麻汚染。

    日本列島をもっとも騒がせた今年の一字は「薬」。
    1. 2009/12/14(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    天罰

    「眠られぬ夜のために」を久しぶりに読んだ。
    内容がキリスト教に基づく話なので、信仰してない自分にとっては多少窮屈に感じるも、パラパラめくると所々含蓄のある文章に出くわす。人には勧めないが、鬱屈、消沈、怒り、やり切れぬ気持ち……そんな状態のときこの本を読むと、思わぬ発見がある。

    なるほど! と思ったものを紹介する。
    「執念ぶかい憎しみは内的生活をむしばみ、憎しみの相手よりも憎しみを抱く当人の心をそこなうものである」
    「……少なくとも復讐をやめて、神におまかせする方がずっとよい。それだけの理由があるかぎり、神はまちがいなく、ちょうど適当な時機にそれをなしとげてくださる……」

    人から侮辱されたり、裏切られたりしたとき、相手に対して憎しみを抱き仕返ししようと企むことは百害あって一利なし。かえって不愉快な感情、しこりが残り、自分が嫌な思いをする。
    うわべでは「許す」偽善的な振る舞いも得策でない。執念深く根に持っている以上、いつまでも相手への憎しみが消えることはないから。

    こういうときは、いっそのことすべて神にゆだねるのがいいと作者ヒルティは言う。
    ※神って何? ってツッコミはなしね。

    いわゆる天罰。
    侮辱、裏切り、冒涜。他人に与えた仕打ちは必ずや自分に跳ね返ってくる。言い方をかえると天罰が下るという意味。
    昔からよく言うよね、悪事をはたらくと罰があたるって。意味合いはそれに近いかな。

    「ちょうど適当な時機」それがいつかはわからないが、風の便りでかつて自分に悪態をついた人の噂が耳に入ってくることはままある。

    たとえば「○○さん大病をわずらって生死をさまよった」「○×さん、あんなに順調だった会社が倒産。お気の毒」「○○先輩、離婚してがっぽり慰謝料とられたらしいよ」

    これらはあくまでたとえ話で、侮辱を与えた行為と後の不幸との因果関係は不明。単なる偶然だろうけど、都合よく“神”を引き合いに出せばうまくおさまる。神の裁きを受けたんだなと。

    生きていれば何かとむかつく人と接する機会がある。そういう場合はいちいち恨んだり憎んだりするのはやめ、その場限りで柳に風と受け流し忘れること。どうしても許せないときは復讐など愚の骨頂。“神”におまかせしましょう。
    ちょうど適当な時機に……。


    1. 2009/12/09(水) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    落ち葉の掃除 その2

    それから三週間、あいかわらずN不動産は落ち葉を放置。
    奥さんたちが朝夕清掃するはめに。

    私自身温和な人間とはいわないが、他人に暴言を吐くような粗暴な人間ではない。
    が、今回はいい加減に頭にきた。
    ・定期的に掃除するという約束を反故にされたこと。
    ・「現地の様子を見た後、できる範囲で掃除をした」とホラを吹く社員の欺瞞。
     (2,3分で立ち去ったところを近隣住民が目撃していた) 

    本社の担当部署に電話。散々嫌味を言った。
    「企業イメージは大事にしないと。通りすがりの人が枯れ葉が山積みになったゴミ溜めみたいな物件を見てどう思うでしょう。ロクに管理もできない会社なのかと。今後、近隣住民が不動産売買で、Nという社名を聞いただけで嫌悪感から取り引きを敬遠することだって十分ありえる。そうなったら企業として相当マイナスでしょうね。タバコのポイ捨てが原因で火事にでもなったら責任取れますか? 町の美観を損なうことをやっていながらよくデカデカと『管理物件』と看板を掲げられますね」

    名乗った手前直接謝罪にやってきた。定期的に清掃すると明言したので、一軒一軒謝罪しろとは言わなかった。汚れが目立つようなら、電話をくれれば即対応すると。
    私の正直な気持ちは、疲れた。好きでいちゃもんつけてると思われるかもしれないけど、振り返ってみると、のらりくらりお茶を濁した返答や姑息な対応など、組織を相手にするのは面倒臭いったらありゃしない。
    私としては、いちいち文句を言いたくないので、近所の人に担当?を代わってもらうつもり。

    法律的なことはよくわからないが、落ち葉は自然現象であるから、本来我々の訴えは無視され退けられても仕方ないのかもしれない。
    が、企業も馬鹿じゃない。住民感情を逆なでするような横柄な態度をとると、損得勘定でマイナスになると計算をしてくる。それを見越してクレームをつける自分も性格が悪い。
    どっちもどっちだな。
    1. 2009/12/07(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    落ち葉の掃除 その1

    近所に某都銀の社員寮の跡地があって、一年近く更地になっている。
    春は桜が咲いて綺麗なんだけど、その後掃除するのが大変。
    誰が後始末してるかというと、近所の住民。物件を管理する不動産会社はそのまま放置。
    秋から冬にかけては落ち葉の量のすごいこと。都合8本の樹木からの落ち葉は掃いても掃いてもキリがない。
    大手不動産会社Nは管理責任などどこ吹く風で、何の対処もせず。

    朝夕近所の奥さんたちが文句も言わずに掃除している。
    度々吸殻が捨てられて危ないし、風で枯れ葉が飛び散り町が汚れるのを見過ごすことはできない奥さんたちのボランティア精神に私は感心して、できるだけ手伝うことに……。

    ちょっと待てよと。
    物件管理の不動産会社は何をしとる! 近隣住民に掃除させて、お前らは買い手がつくまで放置か。
    先月初め、住民三名に声をかけて、電話で苦情を言おうと。
    「様子を見てやります」と。しかし動く気配がない。
    再度電話。私は責任者に再三文句を言った。口調は穏やかだが同じことを何度も。
    「一度ご覧になりなさいよ、どれだけ近隣住民に迷惑かけてるか。(相手の話を打ち消すように)
    いつ掃除してくれるんですか。いつ? ここで約束してくださいよ」

    こりゃクレーマーだな。10分ほどしつこく文句を言ったのが効いたのか、翌朝、業者が来て掃除をした。が、一回綺麗に掃いた程度ではどうにもならない。
    再度電話。
    「定期的に掃除をする」と約束を取り付けたが、頻度についてはあいまいなまま。


    つづく

    1. 2009/12/03(木) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    竜二

    名台詞
    「花の都にあこがれて飛んできました一羽鳥」
    「六尺足らずの五尺の体」
    「刺せば監獄刺されば地獄」




    「泣いてチンピラ」(長渕剛)歌詞
    http://j-lyric.net/artist/a000675/l005820.html
    似たようなフレーズが(笑)


    『竜二』予告編
    長渕キックの原型? 0:43~

    1. 2009/12/01(火) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad