25時の日記 Part2

    知人から聞いたオモロイ話。

    Googleで「穴」と検索すると、真っ先にヒットするのが、
    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2788826.html?check_ok=1

    何をやってるのか。
    確かに抜けなくなったら焦るわな。ていうか、入れるか普通。

    素朴疑問だが、医者はどうやって抜いたのか。
    指にローション塗ってグリグリ突っ込んだ? 痛そう。

    この話ホントか。冗談のような気もするけどね。
    どっちでもいいや。面白いから。
    1. 2008/10/29(水) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ペヤング

    四角い顔の代名詞として使われるペヤングという言葉。
    ソースやきそばの名称だが、元々は「ペア・ヤング」だったという。

    カップめんといえば、独身男のわびしい食生活のイメージがつきまう。
    それを払拭するべく、若いカップルで食べてほしいという意味を込めて、
    「ペア・ヤング」と命名。
    ところが、
    CM出演者がリハーサルで「ペヤング」と言い間違えたこところ、
    そのほうが消費者に浸透しやすいネーミング、
    ということで「ペヤング」に。


    『ペヤングソースやきそば』(1984)
    1. 2008/10/28(火) |
    2. CM
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    岩村さん

    プロ野球選手の奥さんは綺麗な人は多いが、
    デビルレイズ岩村明憲の嫁さんは美人度ではメジャー級。
    美幸貴さん、タレント出身かと思ったら、元OL。
    だんなよりひとつ年上ってことは、現在30。

    画像

    4:44~
    1. 2008/10/23(木) |
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    WBC監督人事

    27日に発表されるようだ。

    前回のWBC体制検討会議では、「現役からは選ばない」という流れで一致したか思われた。

    ところが、後になって出席者の野村克也楽天監督がケチをつけだした。
    「これでは星野で決まり。出来レースだ」
    文句があるなら、会議で言えよ。

    メンバーの一人高田氏は「日本一の監督がいいのでは」と。
    あれ。現役からは選ばないんじゃないの? 一貫性がないね。
    日本一の監督というのは現実的に無理。27日は日本シリーズ前。本人の意向を無視して発表されても困るだろう。

    代表選手を12球団の監督からアンケートをとって選出してはどうかという意見も出たようだ。これは野村謙二郎氏の提案だが、論外。
    駒を動かすのは監督の采配。選手選考は監督に一任すべき。
    先日も触れたが、星野でいいと思う。
    ただし、チームのまとめ役などは不要。あくまで実力本位の選手選考を望む。

    現役なら、落合監督が適任。
    勝負勘が冴えてるし、情にほだされない非道な采配を振るえる人物。ゲーム中ジタバタしないのがいい。残念ながら本人は引き受けないようだ。
    1. 2008/10/21(火) |
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    エアドラム

    Mr.ビーンでおなじみのローワン・アトキンソン。

    さすが芸達者。




    ついでにビーンの爆笑コメディ
    1. 2008/10/20(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    WBC監督

    現役以外から選出されるとなると、監督は星野が有力。
    星野で異論はないが、問題は選抜選手。
    前大会のときは、シーズン直前ということもあって、各球団2名、球数制限があった。
    本当に勝ちに行くなら、そうした縛りは撤廃し、実力本位で選んでほしい。

    厳しいことをいうと、まとめ役の宮本はどうだろう。
    精神的な支えとなるチームリーダーの存在を否定しない。
    五輪のときはコーチ的な役割を担う宮本の存在は大きかったのは事実だが、
    WBCは状況が異なる。チームのけん引役、リーダーはイチローだ。
    リーダーは二人もいらない。宮本の代わりの駒は横浜の内川、中日の井端などいくらでもいる。

    山本、田淵の仲良しグループで結果が出なかった以上、コーチ人選もシビアに行うべき。
    解説者の野村(元広島)をコーチに据えるといいと思う。
    選手時代は塁に出るためにボールに当たりに行くほどチームプレーに徹する男。
    鬼軍曹になって活を入れてほしい。
    1. 2008/10/16(木) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    猫の習性

    暗くて狭い場所を好むのは猫の習性。

    仔猫のじゃれ合いは何遍見ても飽きない。

    1. 2008/10/14(火) |
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    キムチ

    最近はまってるのが中川のキムチ。
    http://www.nakagawa-foods.co.jp/index.html

    食べてるのは「中川のキムチ匠熟成」。
    韓国製と違って酸味が強くなく、辛さほどほど、コクがあって食べやすい。 
    日本人向けのキムチ。

    キムチは時間が経つと酸化するため、
    おいしく食べるコツはなるべく早く消費すること。
    メーカー側も賞味期限を短めに設定してあるそうだ。

    そういえば、以前『ジャンクSPORTS』でダウンタウンの浜ちゃんが「中川のキムチ」を話題にしていた。「本格キムチ」が一番うまいそうです。
    1. 2008/10/13(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    悪筆

    私、超が付くほどの悪筆、乱筆。
    どの程度汚いか、みっともなくてここに晒すことはできないが、
    誰が見ても醜い。へたくそ、読みにくい。自分で判読できないことしばしば。

    丁寧に書くのが面倒。
    自分さえ読めりゃいいと、殴り書きする習慣がついてるのが原因。

    ワープロ、PCを使うようになってから手書きの必要がだいぶ薄らいだけど、
    契約書や申請書など嫌でも直筆で書かねばならぬときがある。
    そんなときでも、殴り書きの一歩手前、気持ち丁寧に、崩さず、さらっと。
    やっぱり汚い字を書いてる。

    一生直らないものとあきらめている。学生なら改善すべきだが、
    いまさら字がきれいになったところで、得をすることなどない。

    昨日、NHKのある番組で、悪筆を直す簡単な方法を紹介していた。
    書くときに、「均等」とつぶやきながらペンを走らせる。
    そうすると、脳が文字の癖を矯正して、文字のバランスを整えるという。

    ためしにやってみた。
    「均等」と念じながら書くと、殴り書くのをやめ、ゆっくり、丁寧に書くようになるから
    多少はまともになる。しかし、他人が見ればあいかわらず汚い。
    1. 2008/10/09(木) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Wipeout!

    7日、TBS製作の「風雲!たけし城」や「SASUKE」と
    番組構成、ナレーション、撮影方法が類似しているとして、
    TBSが米ABCテレビを提訴。

    『Wipeout!』をきちんと見てないので、うかつなことは言えないが、
    たしかに似てるといえば似てる。
    おそらく『SASUKE』を参考に一般視聴者参加のゲームアトラクションを
    製作したのだろう。が、それだけでパクリといえるか。
    チャレンジャーに焦点を当て、煽りナレーションを入れるのは普通の演出の仕方だし、
    カメラワークが似てるというのは言いがかりのような気もする。


    『Wipeout!』
    1. 2008/10/07(火) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ひまわりの丘

    アルバム『Pineapple』の中の一曲で、昔からファンの間では根強い人気がある。
    シングルでも十分いけるぐらいの出来栄え。

    この頃が全盛期かな。声の艶、張り、伸びやかさ。ついつい聞き惚れてしまう。
    松本隆の詩は一言、青春だな。
    夏の情景と人物の心情が、メロディーにばっちりはまっている。


    1. 2008/10/06(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:1
    4. | コメント:0

    弁護人の本質

    橋下知事に800万円の支払いを命じる判決を言い渡した
    裁判長の見解を引用する、
    「弁護人は被告に最善の弁護活動をする使命があり、
    被告の主張が不合理で荒唐無稽(こうとうむけい)であっても、
    それ自体が弁護士としての品位を損なうとはいえない」

    まさしくその通り。
    たしかに山口県光市の母子殺害事件で死刑を逃れるための
    弁護団の主張は到底理解できないものだったが、
    少しでも罪を軽減させるために、被告人を擁護するのが弁護人の仕事。


    先ごろ、大麻陽性反応で解雇された露鵬と白露山の代理人・塩谷弁護士をみればわかるが、
    検査で陽性と出ているのに、「受動喫煙の可能性がある」と。

    さらに「尿をすりかえられたかもしれない」と
    検査の過程に疑問を指摘。
    しかし、厳重に保管されてることが分かると、
    なぜ、一度陽性が出た別の力士を再検査しないのか、不公平だ。
    解雇は厳しすぎる、出場停止が妥当だ……。

    などと、見え透いた、見苦しい擁護をするのが弁護人のつとめ。

    1. 2008/10/02(木) |
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    小松辰雄

    “スピードガンの申し子” 小松辰雄、80~82年の映像。
    全力投球は多くのファンを魅了した。
    最速は154キロ。

    プロ野球のレベルは年々あがっているが、
    この快速球は今でも十分通用する。

    故障がちでコンスタントに成績を残せなかったわりに
    通算122勝50セーブは立派。

    現在は解説者。

    1. 2008/10/01(水) |
    2. スポーツ他
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad