25時の日記 Part2

    フェブラリーSサイン

    金正男暗殺。
    父ゴールドアリュールの死。
    二枠(黒)喪。

    ベタネタと思いつつ、ここまで揃うとゴールドドリーム狙いたくなる。
    鞍上はミルコだし。

    マレーシアの現地紙に金正男の襲撃直後の写真が掲載されている。
    あれ本人?
    腹に刺青がないのはなぜ?
    背中には虎が描かれているらしい。上半身にも和彫りの刺青があったはずだが……。
    1. 2017/02/19(日) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ダービーサイン

    サミット、オバマ広島訪問はそれらしきものが見当たらず。
    やはり今週もあの人か。
    舛添さんの繰り返したフレーズ「一日も早く」

    キーワードは1
    1枠1番ディーマジェスティか?
    と、こじつけ
    1. 2016/05/28(土) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第77回オークス後記

    ここで獲ったと記しても証拠を曝せない以上自慢ととられかねないので多くは語らない。なわけで、当たりました、などと嫌みったらしいことは申しません。

    先週はサインが出ていた。
    ネタは舛添でしょう。

    精査のあとは、「第三者」
    キーワードは3

    オークス2枠3番シンハライト 池添騎手。
    桜花賞早仕掛けで差されたが、ここでは力は上。
    勝って当然の本命馬だからサインもへったくれもないが。
    1. 2016/05/23(月) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第76回皐月賞後記

    桜花賞メジャーエンブレム、脚をためて馬の持ち味を殺したルメール。
    皐月賞リオンディーズ、デムーロの無謀な先行で直線失速。
    両レースとも騎手のミス。

    デムーロを擁護するわけじゃないが、馬を行かせたのは戦略を練った上での騎乗だ。当日9レース(本番と同じ2000メートル)が行った行ったの競馬。それを見たデムーロは差しが届かない馬場と判断し、馬を行かせたと思われる。ただし、9レースは千メートル通過が60.6とスローだった。皐月賞は58.4.のハイラップを刻んだ。潰れて当然。強風が体内時計を狂わせたんじゃないだろうか。むしろ掲示板によく残ったと思う。

    勝ったディーマジェスティの前走は共同通信杯。以前は弥生賞~皐月賞~ダービーが黄金ローテだったが、中山のトライアルを挟まず共同通信杯から皐月へ直行するのが近年の王道パターンだ。昨年のドゥラメンテ、一昨年のイスラボニータ、2012年のゴールドシップ。いずれも皐月よりダービー向きの馬で、次が本番という先を見越した緩めの仕上げだった。池江調教師が負担を考えてダービーまで三度も輸送したくないと中山トライアルをパスしたように、経験を積ませるのは必ずしもプラスにならない。
    1. 2016/04/20(水) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第76回桜花賞後記

    鉄板と思ってたメジャーエンブレムが負けた。

    ワンペースの馬ゆえ、決めて比べじゃ置いていかれる。強引に先行するべきだった。
    と終わってみれば何とでもいえる。Hペースに巻き込まれて末をなくすシーンは想定できたが、まさか上がりの勝負で後続に差されるレースになるとは。
    牝馬の一番人気は過信禁物だな。
    1. 2016/04/11(月) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第76回桜花賞

    五輪エンブレムの最終候補が発表された。
    これはメジャーエンブレムに追い風か?
    またも懲りずにサインネタ。

    ちなみに土曜のメイン、ニュージーランドTにアストラエンブレムが出走。
    4着と馬券圏外。
    明日のエンブレムは単勝1倍台の大本命。負けない思うけど、前半脚を使ってしまい鈍るというパターンはありえる。

    一応本命。◎メジャーエンブレム
    相手はジュエラー。シンハライトとチカラは拮抗してるが、騎手の腕込みでジュエラーを上位に取った。ただこれじゃがちがちで妙味なし。
    むりくり3着の穴を探す。新馬戦の末脚が忘れられないアドマイヤリード、前走3着に粘った良血ラベンダーヴァレイ。レッドアヴァンセまでは手を広げたくない。
    前日見解なので当日買い目は変わるかもしれない。
    1. 2016/04/09(土) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    クラシック展望

    まだ早いが、皐月賞、ダービーの有力馬は?

    皐月 リオンディーズ
    ダービー サトノダイヤモンド


    ちなみに昨年の今頃はこう考えていた。
    皐月 サトノクラウン
    ダービー リアルスティール

    ドゥラメンテについては、本格化は4歳以降。(圧倒的強さで皐月、ダービーを連勝)
    キタサンブラックは、母系がサクラバクシンオーじゃせいぜい2000まで。(3000の菊花賞勝ちました)

    こういうとんちんかんな相馬眼ゆえ、現時点の予想は疑わしい。
    1. 2016/03/29(火) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第46回高松宮記念

    超高速馬場。ディープ産駒の出番だろう。
    事前の予想
    ◎ミッキーアイル
    ○アルビアーノ

    馬単、馬連、ワイドで行こうと思っていたが、
    さすがに一本じゃ当たらんだろう、と自信が揺らいでいたら、
    魔が差した。
    ウリウリを追加。JRAの高松宮記念のCMで、
    「無理無理」
    これ、ウリウリのサインか?
    馬連三点買って、外れ。

    勝ったビッグアーサーは前2走のだらしなさから軽視したのがそもそもの間違い。
    1. 2016/03/28(月) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第30回フラワーカップ

    フラワーカップを振り返る。
    押さえで当てた人は多いと思う。

    逃げるのはエンジェルフェイス。中山1800巧者を姉(レディアルバローザ、キャトルフィーユ)に持つ同馬から入るのが妥当。狙ったレースはものにする藤原厩舎だし、持ち時計も優秀。
    問題は相手。荒れる牝馬限定レースで1,2番人気で決まるか? 二番人気ゲッカコウは本線じゃ買えないわ。

    1着エンジェルフェイス
    2着ゲッカコウ(月下香。お彼岸の時期だけに彼岸花が来た) 

    3着ウインクルサルーテ

    いま考えると、惜しいことをした。まさか来るかよと軽視したウインクルサルーテ。前日夜オッズを見ると妙な売れ方をしていた。単勝14番人気なのに複勝が一倍台。おそらく異常投票。オッズを動かすミラクルおじさん級の馬券師の仕業かも。すごい名人がいるもんだ。
    1. 2016/03/24(木) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第34回中山牝馬S

    GⅠを走ってきたルージュバックでいけると思う。ただ外枠だけに足を余したり接触で外に振られるケースも考えられる。オッズほど堅い本命じゃない。
    手を出すレースじゃないと思いつつ手を出す。病気だな。

    相手は絞る。
    中山得意のクインズミラーグロ(出遅れるなよ)、前走牡馬と際どいレースをしたハピネスダンサー。3連単の3着付けにヴィルジニア。
    ◎ルージュバック
    ○クインズミラーグロ
    ▲ハピネスダンサー
    △ヴィルジニア

    牝馬のハンデ重賞で堅く収まるとは思えないから、二番人気のアースライズは切り。
    シュンドルボンは大外枠で狙いを下げた。手を広げたくないからオミット。

    レースビデオのチェックを入れると検討時間30分程度。はっきりいって当たる気がしない。
    1. 2016/03/12(土) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    弥生賞

    明日の弥生賞はオッズ見て買う気が失せた。

    展開有利は好位につけられるエアスピネル(三番人気)。逆に後続にマークされるので、頭は厳しいが2,3着は十分ある。
    リオンディーズ(一番人気)とマカヒキ(二番人気)は甲乙つけがたい。
    賞金的にのんびり構えていられないから、おそらくルメールのほうが先に仕掛けると思う。
    ◎マカヒキ○リオンディーズ
    この二頭の馬連は安すぎて買えないので3連単の3着に穴を据える。
    無理だと思うが岩田のイン強襲でアドマイヤエイカン。

    1.2番人気の馬券はなるべくなら避けるべき。リターンが少ないし、昔と違ってがちがちの重賞レースはめったにない。
    とはいえ、今回は有力どころ三頭のチカラが抜けてるだけに、まず荒れないと思う。正直手を出すレースじゃない。
    1. 2016/03/05(土) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    2016牡馬クラシック戦線

    中山記念を振り返る。
    第90回だから9-10。終わり。

    ルメールはさすが。フェブラリーSもそうだったが、とても届きそうもない位置からよく2着にもってくる。腕としか言いようにない。

    さて、今週の弥生賞。
    リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキ。有力馬3頭の馬券じゃいくらにもならないからといって強引にひねるのは無理筋かな。馬場悪化でもしない限り荒れる可能性は薄い。
    何も前哨戦で負けたからといってクラシックが絶望じゃない。情勢はころころかわる。昨年ドゥラメンテも皐月賞は三番人気だった。
    ビデオ見ると、マカヒキの斬れはディープ譲りの一級品だね。ただ、ルメールはお手馬がかち合ってる。サトノダイヤモンド。マカヒキの結果がどうあれ、本番はサトノ騎乗と思われる。
    今年のクラシックは昨年以上のハイレベル。
    1. 2016/03/02(水) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第109回京都記念

    道悪になって何がなんだかわからなくなり、馬券はパス。

    2月14日はバレンタインデー。
    2-14。そんなべタな馬券あるかよ。

    終わってみて気づいた。勝ったのはサトノクラウン。
    森永ハイクラウンってチョコレートあったよな。そんなサインがあったとは。

    まじめに振り返ると、サトノクラウンはパワータイプ。上がりのかかるレースで本領発揮する。2着タッチングスピーチは母父サドラーズウェルズだから重をこなす下地はある。こういう要点を事前に押さえられないと勝ち組になれない。
    1. 2016/02/15(月) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第66回東京新聞杯

    結論から言うと、ハズレ。
    ◎グランシルク
    ○ダッシングブレイズ
    ▲スマートレイアー

    ここのところ、予想するとき雑念に邪魔されてまともな馬券検討ができなくて参る。
    今週の話題は清原一色。                        
    テイエムタイホー(逮捕)なんて馬が気になって仕方ない。こじつけてアルマワイオリ(檻)、エキストラエンド(終)トーセンスターダムなんて馬が連下に来るかも……。
    冷静に見て、内の伸びる馬場で大外のテイエムが来るか? 制御のきかないアルマは難しいだろ。エキストラはロートル7歳。トーセンは出遅れ癖。全部切った。

    本命にしたのはグランシルク。中山で上がり32.9は優秀。イン強襲で頭! ところがレースではどん詰まりの交通渋滞。池添なにやってんだよ。
    対抗のダッシングブレイズは内ラチに接触して落馬。おいおい、浜中。
    単穴のスマートレイアーは前走まともなら差しきっていた。レースでは意表をつく逃げで一着。 

    たらればをいえば、浜中がうまくインをすり抜けていたら馬連ボックスで的中していた。
    なんとも後味の悪いレース。
    1. 2016/02/08(月) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第57回AJCC

    1月24日は満月。
    アメリカジョッキークラブカップ。2着にスーパームーン。
    こういう邪道を用いて仕留めてもさしてうれしくないし、当てた気がしない。
    1. 2016/01/24(日) |
    2. 競馬
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    FC2Ad