25時の日記 Part2

    遠山の金さん

    先週、TBSラジオ『たまむすび』にTOKIOの松岡君がゲストに出ていた。
    23年振りに金さんを演じる松岡君が曲をリクエスト。
    4代目金さん・杉良太郎さんの代表曲『すきま風』。

    「杉さんが32歳のときに出した歌ですよ。自分は現在40歳。
    この落ち着きがほしい!」

    笑った。確かに雰囲気は違うよな。昔は30過ぎると、おっさんの域。

    自分は32のとき何やってた?
    振り返ってみると、いまはなきバウハウス(エロ本)などで書き散らしてたな。
    潜入ルポ、路上企画、コラム……。毎月しょうもない企画を立案して結構な分量書いてた。
    落ち着きなんてまったくなかった。
    当時は愉しんで仕事をしている感覚はあった。
    「おれ、馬鹿かよ」と思いながらワープロのキーボード(パソコンじゃない)叩いてた。

    いまだにお笑い番組見てげらげら笑ってる自分に、
    「この落ち着きがほしい」



    1. 2017/10/07(土) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    夏の風

    毎日聴いてる。
    竹田さんのメローなギター、最高。

    1. 2017/09/14(木) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    このギターはどこ製?

    濁りのない綺麗な音を奏でる藤丸さん。このイントロ聴いて思い浮かぶのは、「木綿のハンカチーフ」。
    あの浮き立つような快活なギターの音色の主は藤丸さん。
    腕利きスタジオミュージシャンはきっとレコーディングでもこのギターを使用されたんじゃないかな。

    1. 2017/09/01(金) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    警視-K

    台詞が聞き取りづらい、と不評だった伝説の刑事ドラマ。
    勝新さんはリアリティーを追求するがゆえ、即興の台詞を多用。芝居っぽくない演出にこだわった。事件の状況もいまいちわかりにくいが、わざとらしい予定調和の刑事ドラマより見ごたえがある。

    1. 2017/08/23(水) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GT/クレイジーケンバンド

    夏といえばこの歌ですよ。
    CKBがメジャーバンドとして認知されたのが2002年。アルバム『グランツーリズモ』のトップを飾る曲。
    『クレイジーケンズワールド』『パンチパンチパンチ』……コアなファンに支えられながら二足のわらじで音楽活動を続けていた剣さん。マイナーでくすぶっていた鬱憤を一気に晴らすかのようなパワフルな歌声、躍動感。CKBが世間にずんずん浸透していった。そんな記念すべき曲。


    1. 2017/07/28(金) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    リンダリンダ

    かわいい。
    将来が楽しみ。

    1. 2017/07/27(木) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    女子アナの罰(TBS)

    局の顔女子アナに罰を与えるという企画。
    誰が面白いって、所々素を曝け出す吉田アナ。
    再放送&第二弾を希望。



    1. 2017/05/23(火) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Lonely Summer Nights

    これ聴くとココロが洗われる。
    『 Lonely Summer Nights』ーStray Cats
    ブライアン・セッツァー、かっこいいな。

    1. 2017/02/14(火) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    でたらめ英語

    ロバート秋山、最高だわ

    1. 2017/02/01(水) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    塩対応の客

    おもろいネタなのに全然受けてない。TVなら貴乃花は爆笑だよな。後で愚痴ってるだろうな

    1. 2016/12/04(日) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Hoodoo Man Blues

    無人島に持っていくとしたら、ジュニア・ウェルズの「Hoodoo Man Blues」
    来月になったらかわってると思うが、今はなぜかこのアルバムにはまってる。二十年以上聴いてる。佳曲目白押しでブル-ス入門にも最適。
    一曲目の「Snatch it back and hold it」の中途半端なノリが黒っぽくていい。バックのギターはバディ・ガイ。

    1. 2016/09/05(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    元ネタ

    歌謡曲の「木綿のハンカチーフ」
    斬新な構成だなとずっと感心してたんだけど、元ネタがあったというのを今更知った。
    ボブ・ディラン「スペイン革のブーツ」
    パクリというか、インスパイアされた? 創造、創作は模倣からというし、影響を受けたのは事実でしょう。松本さんの名誉のために言っておくが、盗作とはいえない。

    ウララカ(大滝詠一)
    こちらは明らかに。
    ザ・クリスタルズ(The Crystals) – ダ・ドゥ・ロン・ロン(Da Doo Ron Ron)



    1. 2016/09/01(木) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    公道レース

    こんなメチャクチャな企画、よく放送できたな。

    1. 2016/08/05(金) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    バカボン迷シーン

    「都の西北ワセダのとなり」(第一シリーズ13話)
    パパが映画を観に行く。
    殺人の場面で、ある男がスクリーンの前に出てきて、
    「大変だ。誰か救急車を呼べ。この人は死にそうだ」と真顔で言う。

    バカ田大学同窓生と再会。思い出話で盛り上がり、母校を訪ねると、大学はつぶれていた……。

    という馬鹿げた話。特に劇場の迷シーンは何度観ても面白い。

    1. 2016/07/17(日) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Muddy Waters - Honey Bee

    夏はブルースだ。どういうわけか気温が高くなると聴きたくなる。
    シカゴ・ブルースの重鎮マディの暑苦しい歌声はこの季節にぴったり。

    1. 2016/06/20(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    FC2Ad